2017年7月26日水曜日

教師のゆとりは、子どもの豊かな成長の保障

小学校一年生の孫が夏風邪で1週間休んだ。娘から学校にプリントを取りに行ってほしいとのことで職員室へ足を運んだ。どの先生も夏休み前でもありとても忙しそう。孫が親しみを込めて呼んでいる担任の“すぎりか”先生には生憎の出張でお会いできなかったが、プリントと一緒にA4の紙にはきれいな文字で孫へのいたわりの言葉と早く治って登校してねと書かれたお手紙が添えられていた。日本の
1学級の生徒数は欧米と比べて多く、会員の先生方からも報告書などの業務が膨大で子どもとなかなか向き合えないというお話を聞くので、孫への細やかな心配りに頭が下がる。
亡父は中学校教師で、夏休みには私をバイクの後ろに乗せて勤務先の学校に連れて行ってくれた。退屈しのぎに誰もいない音楽室で見たベートーベンやモーツアルトなどの写真(?)が懐かしい。あの頃は、今と違い、教員も子どもと一緒に夏休みでのんびりしていた。現在の過労死ラインを超える超過勤務を強いられる教員の働き方の是正は待ったなしだ。教師の命と健康を守ることは生徒の学習権を保障し、豊かな成長につながるのだから(S)

2017年7月21日金曜日

布ぞうり合同展示会

6月10日 虹の会班と富田班が合同で布ぞうり・小物の提示会をしました。彩鮮やかな布ぞうりがたくさん並び会場を華やかにしていました。
来客が来ても、居なくてもおしゃべりが弾み楽しい展示会となりました。
(徳島支部A)

2017年7月20日木曜日

折鶴に 朝風 夕風 爆風忌

7/4~7 市役所のロビーで平和写真パネル展を開き70人以上の人に知ってもらうことが出来ました。
 徳島大空襲・沖縄戦・原爆と人間を展示しました。七夕の短冊に願いを書いてもらうと「戦争をしないで」「平和」などのお願いが多かったです。
 (七夕の日、大雨で願いは届きませんでした?)来訪者の方で「戦争はあかん!」「知らない人が増えてるから伝えていく事は必要だ!」と話されて帰って行く人もいました。毎年展示をして、戦争がない世界をと祈るばかりです。(徳島支部 A)

原爆パネル展開催します。ご来場ください。


2017年7月19日水曜日

ごみ問題学習会に参加して

 7月14日 「県本部環境部」と「支部のくらしと環境部」の共催で開かれた「ゴミ問題学習会」に参加しました。
 はじめに、環境部部長さんからパリ協定、日本のゴミ事情、3Rなどについてお話がありました。
 その後、市議会議員さんより、視察に行った先進的な都市の取組みや、類似自治体と比較してゴミの減量が急務であると等が報告されました。
 参加者からゴミ広域化問題、焼却炉からの汚染物質や健康被害などについて次々に質問があり、活発に意見が交わされました。
 焼却炉が大型になればなるほとエコとは反対の方向に行ってしまう懸念があり、広域化問題も勉強しつつ、まずはゴミの減量に私たちも工夫して取り組んでみようと思いました。(徳島支部 F)